住宅ローン滞納の裏話|金融への正しい理解でリスクを削減

スーツの人

貸し付けの判断

各金融機関でカードローンの販売が行われています。人口がだんだんと少なくなっていく中お客さんの争奪戦になっています。また貸付額の総量規制が敷かれた消費者金融各社は、銀行で販売しているカードローンの保証会社になってその売り上げを上げようと努力をしています。また審査を通して利用者の信用度を調査しています。

Read More

返済困難時の正しい判断

病気や失業によって住宅ローンを滞納し始めた時は任意売却を検討しましょう。早めの行動で競売を避けることができます。

丁寧に対応をしてくれます。不動産担保ローンが必要ならこちらにしてみよう。短期間での融資にも対応しているので安心です。

返済不能による最悪の事態

リストラや不可避のトラブル等で収入の減少あるいは無収入になってしまい、住宅ローンが支払えなくなった場合、最悪の事態を避けなければなりません。 ここで言う最悪の事態とは、住宅を競売にかけられて、住宅を失い、立退きが強制されることです。さらには、競売で得られた金額でも住宅ローン等が残る場合は、その残額も支払いが請求されます。 住宅ローンの滞納が一時的なものであれば、債権者である銀行等の金融機関に相談して、元金は据え置いて利息だけの返済にしたり、返済期間の延長によって月々の返済額を減額してもらうなどの方法もあります。 しかし、滞納が一時的ではなく、今後の返済の見通しが立たない場合は、任意売却という方法もあります。 任意売却は、住宅ローンが残っている土地や家屋を売却する方法です。これも金融機関に相談して行なう必要がありますが、この場合は、売却金額でも住宅ローンが残ってしまっても、残額は金融機関との契約によって、収入に応じた返済計画が立てられます。

最悪の事態までの経過

債権者である金融機関から催促状などが送られます。これは、競売予告通知と捉えることができます。 次に、滞納から3ヶ月から半年以内に、ローン保証会社から代位弁済予告通知が届きます。 銀行等の金融機関と住宅ローンを組む場合は、ローン保証会社と保証委託契約を交わしますが、ここでは、借主に代わって、保証会社が金融機関にローンの残額を立て替え払いするという警告です。その場合、立て替えた残額に遅延損害金を加算した金額を一括で保証会社へ支払う義務が生じることになります。 そして、滞納が続けば、期限の利益の喪失通知が届き、今後は分割での支払いが認められず、一括返済が要求されます。同時に、金融機関から保証会社へ請求が行きます。 そして、代位弁済通知が届き、債権者が金融機関から保証会社へ変更されたことを知らせます。これが事実上の最後通告になります。 そして、競売の手続きが行なわれます。実際の競売が執行されるまで数ヶ月かかり、その間は住宅に住み続けることができますが、無断で売却できなくなります。最高金額での落札者が決定すると、住宅を立ち退くことになります。

家をお得に売る方法とは

住宅ローンを払えないため、家を売る場合は、任意売却と競売の2つの方法があります。このうち任意売却は、競売に比べて様々なメリットがあるのでお勧めです。弁護士または専門業者に依頼して行いますが、専門業者は費用が掛からないのがメリットです。ただし中にはよくない業者もありますので気を付けましょう。

Read More

便利に使える

カードローンはインターネットで申し込みをすることが出来て、金利などを注意していけば非常に便利です。そして審査の厳しさや融資額をきちんと比較しておくことで、どこがいいカードが調べることが出来ます。必要な額だけを申し込む方が審査が通りやすいです。

Read More

Related Links